MENU

硝子体手術

硝子体手術

硝子体・網膜とは

硝子体手術

硝子体とは、眼球の大部分を占める、透明なゼリー状の組織です。
網膜は硝子体の更に奥、目の一番奥の組織です。
この硝子体や網膜に異常を生じると著しく視力が障害されてしまいます。

硝子体手術とは

硝子体手術

網膜硝子体手術の対象となる疾患は、網膜剥離、網膜前膜、硝子体出血、黄斑円孔、糖尿病網膜症など、眼の奥の方の病気です。

それらの改善のため、白目部分に小さな穴を3カ所開けて細い手術器具を入れ、血や濁りと一緒に硝子体を取り除いたり、それぞれの病気に応じた処置を施す手術のことを網膜硝子体手術と言います。

手術は白内障手術とくらべて非常に専門的で、高い技術が求められる手術です。
さらに病気の性質上、放置することにより悪化してしまう疾患もあり、適切なタイミングで適切な手術を行わなければなりません。
硝子体手術でも入院は必要ありませんので日帰り手術で行っています。

網膜剥離

網膜剥離

網膜は、光を感じてそれを神経に伝達する部位で、眼球の内側奥(眼底)に一面に広がる薄い膜状の組織です。
カメラのフィルムに相当する網膜が何からの原因で円孔や裂孔を生じ、眼球の壁からはがれた状態を網膜剥離といいます。
好発年齢は、20~30歳では網膜の格子状変性病巣内の円孔形成から、40~60歳では後部硝子体剥離に伴う裂孔形成から網膜剥離を生じることが多い傾向です。

一般的に網膜剥離の範囲は徐々に拡大し、放置するとすべての網膜が剥がれ、失明に至る疾患です。有効な薬剤治療は無く、初期ではレーザー治療、進行すると手術が必要となります。

網膜前膜・黄斑上膜

網膜の中心部分を黄斑と言いますが、その黄斑の上に膜ができるのが網膜前膜(黄斑上膜)です。黄斑にシワが寄ってくると視界が歪んだり、視力が下がってきます。

網膜前膜に対して、有効な薬物治療はなく、唯一の治療は手術になります。
手術ではこの膜を細いピンセットのような器具で丁寧に剥がし、さらに再発しないように内境界膜といわれる組織も同時に剥離します。

網膜前膜・黄斑上膜 網膜前膜・黄斑上膜 網膜前膜・黄斑上膜

手術治療について(当院の考え)

従来、網膜前膜の手術は病状が進行し、ゆがみが強くなり視力の低下をきたしてから手術を行うことが一般的でありました。
しかし視力が大幅に低下している網膜前膜の症例は網膜の肥厚や変形が強く、手術で膜をきれいに除去しても網膜の形は元に戻らないことが多くゆがみが残りやすいのです。逆に、視力が比較的良いうちに手術を行うことでよい視力を生涯維持できる可能性が高いと考えられます。

手術技術や機器が進歩し、熟練した術者が手術を行えば安全性の高い手術となっており、比較的早期手術を行うことが、皆様の見える幸せ守ることとなると考えております。

手術時期について

  • 網膜前膜による視力の低下が著明な場合
  • ゆがみがある場合
  • 黄斑の形態が悪い場合(中心窩陥凹の消失)

気になる症状がございましたらすぐにご相談だください。

医療費が高額になった場合、一定の自己負担限度額を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。
年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことによりさらに負担を軽減する仕組みも設けられています。
所得・年齢ごとの自己負担限度額および申請方法などの詳細については、下記厚生労働省のホームページより「高額療養費制度を利用される皆さまへ」のPDFファイルをご覧下さい。

pagetop