MENU

白内障手術

白内障と白内障手術

白内障について

白内障

人の目は、よくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
白内障というのは、その水晶体が徐々に濁ってくる病気です。白内障は様々な原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものです。
主な症状に”目がかすむ”、”光がまぶしい”等があります。

白内障手術では、濁った水晶体を除去して、替わりに眼内レンズを入れます。この手術によって、クリアな視界を取り戻すことができます。

当院では、入院の必要のない日帰り白内障手術を行っております。
事前に患者さまや内科主治医と相談させていただき、日帰り手術が可能かどうかを判断しております。

手術の流れ

白内障手術

手術場所 当院2階の手術室
保険適用 可能(単焦点眼内レンズ)
手術時間 10分程度
入院の必要性 なし
当日所要時間 2~3時間程度
定期健診 必要
1.手術日決定
受診時に相談し、手術日を決定いたします。
2.手術前検査、手術説明
手術に必要な検査と採血を行い全身検査も行います。
手術の説明を行い、術前・術後の注意点をご説明します。
3.術前最終確認(手術1週間前)
手術の最終確認と術前点眼薬(3日前より抗菌薬を点眼)をお渡しします。
来院時間や手術開始時間をお伝えいたします。
4.手術
手術開始の1時間前には来院ください。
手術終了後は眼帯をし、リカバリー室で少し休んで帰宅していただきます。
5.術後
手術終了後、翌日は眼帯をつけたまま来院いただきます。
その後も、術後の経過観察を行います。
pagetop