MENU

設備紹介

設備紹介

超広角眼底カメラ  CLARUS 500

超広角眼底カメラ CLARUS 500

本広角眼底カメラは、瞳をひらくことなく(無散瞳)網膜中心から周辺までを高画質で撮影し、病変の早期発見、治療に貢献します。

光干渉断層計(OCT)RS-3000 Advance2

光干渉断層計(OCT) RS-3000 Advance2

網膜の断層画像を撮影し、病状の変化を検査できる機器です。網膜疾患の診断だけでなく、緑内障の早期発見にも効果的です。
また、新しく導入されたOCT Angiographyは造影剤を用いることなく、網膜・脈絡膜の血流を可視化し治療に役立てます。

ハンフリー自動視野計

ハンフリー自動視野計

緑内障の早期発見や経過観察に力を発揮する、見える範囲を測定する機器です。

ゴールドマン動的視野計

ゴールドマン動的視野計

国際的に最も普遍的な視野計であり自動視野計の基準にもなっています。ハンフリーよりも広い範囲における視野狭窄視野欠損を調べることができます。

オートレフケラト・トノ・パキメータ

オートレフケラト・トノ・パキメータ

近視・遠視・乱視の度数や、角膜のカーブを測定する機器で、眼鏡やコンタクトレンズを処方する際に使用します。同時に眼圧も測定できます。

光学式眼軸長測定装置

光学式眼軸長測定装置

白内障の術前検査で、角膜の頂点から網膜までの長さをレーザーで測定する機器です。
非常に正確性が高く、従来の超音波式と異なり、機器が直接目に触れることないため安全性が高いことも特徴です。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜のいちばん内側にある角膜内皮細胞の形状や数を検査する機器です。白内障の術前後の検査や、コンタクトレンズを日常的に使用している方の角膜障害検査などに使用します。

ヘスチャートプロジェクター

ヘスチャートプロジェクター

両眼の動きが正常に行われているかを調べる機器です。眼位のずれ、眼球・眼筋運動障害を検査する事が出来ます。

視力表

視力表

設置距離1mで5m視力検査が可能な視力表です。多彩なチャート表示で視機能検査も可能です。
また当院には5m視力表も設置しております。

SLTレーザー、YAGレーザー

SLTレーザー、YAGレーザー

SLTレーザー
従来、緑内障の治療は点眼か手術でしたが、新しい画期的なレーザー治療で、外来での治療が可能です。

YAGレーザー
白内障術後に生じるにごり(後発白内障)を治療するレーザーです。後発白内障は一度治療すると、2度と生じることはありません。

レーザー光凝固装置 イエローレーザー

レーザー光凝固装置 イエローレーザー

最先端・最新鋭のレーザー光凝固装置です。眼底にある「網膜」にレーザーを照射することにより病気(糖尿病網膜症、網膜裂孔など)の進行を抑制したり治療を行う装置です。

手術顕微鏡 硝子体手術用眼底観察システム Resight700

手術顕微鏡 硝子体手術用眼底観察システム Resight700

眼科手術に特化した機能を搭載した手術顕微鏡です。
倍率を上げて手術を行います。
また顕微鏡の下部には、眼内全体像を把握することが可能な広角眼底観察システムを搭載しております。
より高度な硝子体手術を安全に施行するために役立ちます。

pagetop